園長室からこんにちは


2021 年 11 月 1 日 月曜日

 10月の後半は気温が大きく下がり、冬物の上着が必要なくらい厳しい寒さの日もありましたね。寒暖差から体調を崩すお子さんも増えてきています。身体もまだ急な寒さに慣れていないことと思いますが、晴れた日は戸外で身体を動かし、元気に冬を迎えられるようにしていきたいですね。

 

✿感染症情報✿

 10月は中旬頃から乳児クラスで、咳や喘鳴、鼻水や発熱などの症状で欠席するお子さんが多く見られていました。幼児クラスでも咳の症状が数日続くお子さんが数名いました。10月の終わり頃から徐々に体調が回復しお休みをするお子さんも少なくなってきましたが、咳や鼻水の症状がなかなか改善せず、すっきりしないお子さんも多く見られます。

 昨年度、全国的に流行することのなかったインフルエンザが今年度は流行するのでは・・・と予想する声も聞かれ少し心配になってしまいますが、引き続きこまめな手洗いや咳エチケット等、感染拡大防止の対策に取り組んでいきたいと思います。また、重症化を予防するインフルエンザワクチンの接種もお勧めします。(今シーズンは予約が取りにくい所も多いようです。かかりつけ医等にお問い合わせください)

 

◆11月8日は・・・いい歯の日

 先日、検診を実施していただいた、高橋歯科医院の高橋先生よりお話を伺いました。乳歯が3本位生えてきたら、むし歯予防のため歯科に通い始めることをお勧めしますとのことです。フッ素の効果と使い方についても教えていただきました。

〇フッ素の効果〇

★細菌抑制 むし歯の原因菌の活動を抑えます

★歯質強化 むし歯になりにくい強い歯を作ります

★口臭予防 フッ素を寝る前に使用することで、寝ている間に増殖する細菌の活動を抑制し、

      朝起きた時の口臭を防ぐことができます 

〇フッ素ジェルの効果的な使い方〇

フッ素ジェルとは?

フッ化物とキシリトールを主成分とした家庭でできるフッ素塗布用の透明ジェルです。

通常の歯磨き粉とは異なり、研磨剤を含んでいないため、発砲はほとんどしません。キシリトールには、むし歯の原因となる酸を抑制する働きがあります。

《使用法》

①使用前はいつも通り歯みがきをして、口をゆすぎます

②ジェルを歯ブラシにつけ、全ての歯にいきわたるように軽くみがきます。

③使用後は、口をゆすがず、軽くつばを吐き出す程度にします

※ジェルは飲んでも問題ありません。使用後30分間はうがい、飲食を控えましょう

【1回の使用料】 大人→1g  6歳以上→0.5g 3歳~6歳未満→0.25g

 

★保健からの保健からのお知らせ

・11月10日(水)に1歳~5歳児組を対象に尿検査を行います。容器は検査実施2日前の11月8日(月)に配布をします。10日の朝の尿を採取し、提出をお願いします。

 ※1・2歳児組は、採れたお子さんのみ検査を実施します。

・11月12日(金)4歳児組の視力測定を行います。測定日が近くなりましたら問診票を配布しますので、ご協力をお願いいたします。

・先日は、歯科検診時のタオルのご準備ありがとうございました。今回の検診でむし歯のなかった5歳児組のお子さまに後日賞状をお渡しさせていただきます

・今月の乳児健診

 11月2日(火)0・1歳児

 11月16日(火)0歳児組

2021 年 11 月 1 日 月曜日

◆『勤労感謝の日』にちなんで ~将来の夢~

 保護者の皆さまの小さい頃の将来の夢はなんでしたか?私は「パーマ屋さん(美容師)になるのが夢でした。お人形を相手に髪を結ったり、とかしたりすることが大好きでした。大きくなるにつれて、夢は学校の先生になり、栄養士へと変わっていきました。今の子どもたちの夢を聞くと、「お花屋さんやケーキ屋さん、トリマー、虫博士、警察官、電車の運転士等々・・・」子どもたちの明るい未来にワクワクして楽しくなります。私たちの生活は身近で働く様々な人のお陰で成り立っています。勤労感謝の日を機会に、お母さんやお父さんの小さいころの夢を話したり、身の回りにどんな職業があるか子どもたちと一緒に探してみませんか。夢がさらに広がっていくことと思います。

 ちなみに、11月26日は、語呂合わせで「いい風呂の日」。初冬の冷え込む日には、親子でゆっくりと湯船に浸かってリラックスしてくださいね。

 

東京都福祉サービス第三者評価 利用者アンケートのご協力のお願い

 第三者評価機関に依頼し、「保育園の自己評価」や「利用者に対する調査」を3年に1回実施しておりますが、今年が実施の年にあたります。よりよい保育園をめざして、保護者の皆さまのご意見を広くお伺いしたいと思います。11月10日にアンケートの資料を配布いたしますので、ご協力をお願いいたします。玄関にアンケートの投函箱を置きますので、11月24日までに投函をお願いいたします。または、郵送していただいても大丈夫です。尚、アンケート資料の作成等の評価期間は、NPO法人ほいくオーアールジーに依頼しています。

 

【11月の行事予定】

*11月2日(火)乳児健診(0・1歳児組)

*11月8日(月)健康体操(幼児組)

*11月10日(水)尿検査(1~5歳児組)

*11月12日(金)視力検査(4歳児)

*11月16日(火)巡回指導、乳児健診(0歳児組)

*11月17日(水)サッカー教室(5歳児:今月は堀船南保育園と時間をずらして、榮先生に指導していただきます)

*11月27日(土)乳児組発表会(0・1・2歳児組)

 新型コロナウイルスの新たな感染者数は減ってきておりますが、感染抑制期の行事の対応として、感染防止を第一に考えた対策を取りながらの開催とさせていただきます。つきましては、保護者1名の参観となりますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

*11月中旬 避難訓練

2021 年 10 月 6 日 水曜日

 日中は晴れると少し汗ばむ日もありますが、過ごしやすい陽気になりましたね。朝夕は肌寒い日も多くなり、気温の変化などから体調を崩しやすい季節でもあります。日中、時間帯にとって温度差がある時は上着を羽織る等、衣類で調節して気温の変化に上手に対応していきましょう。

 

☆9月の様子

 9月は、0歳児組で突発性発疹に罹患したお子さんが2名いました。9月の前半はどのクラスも元気に過ごしていましたが、中旬~後半にかけて咳や鼻水の症状の見られるお子さんが増えてきています。発熱の症状でお休みをするお子さんも数名見られるようになってきました。秋から冬にかけてインフルエンザや胃腸炎等の感染症が流行する季節に入りますので、体調管理と手洗い等の感染対策を引き続き行っていきましょう。

 

☆10月10日は目の愛護デー・体も目も元気のポイント3つ!!

 季節の変わり目は、かぜなどにかかりやすい時期です。元気な体をつくるポイントは、「睡眠・運動・栄養」ですが・・・実はこの3つh視力低下の予防にも効果があります。

1.睡眠 近視の子には、就寝時間が遅く睡眠時間が短い傾向にあるという分析があります。

2.運動 屋外で遊ぶ時間が長いと、近視の発生率が低くなると言われています。

3.栄養 ビタミンAやアントシアニンなど目にいい栄養素だけにこだわらず、バランスよく食べましょう。

大切な目を守るため、家族みんなで生活リズムを整えましょう!!

 

☆今月の乳児健診

*10月5日(火)0歳児組

*10月20日(水)秋の健康診断

 ※全園児健康診断を行います。9:30~0歳児組から開始しますのでよろしくお願いいたします。

 

☆歯科検診のお知らせ

 10月14日(木)9:30~歯科検診を行います。検診は、医師の膝の上に頭を置き、横になった状態で行います。新型コロナウイルス感染予防対策のため、今年度も膝の上に個人用のフェイスタオルを敷いて行いますので、お子さま1人につき、1枚フェイスタオルの準備をお願いいたします。持参していただく時期については掲示でお知らせをしますので、ご確認ください。ご協力をお願いいたします。

 

☆4歳児組 保護者の皆さまへ

 例年秋頃に、4歳児クラスを対象に視力測定を実施しています。測定にあたり保護者の皆さまに問診票を配布し、記入をお願いしております。担任と日程を調整し、実施日程の詳細が決定しましたら、手紙にてお知らせさせてさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

2021 年 10 月 6 日 水曜日

 通勤途中にある、いちょう並木を通る時に踏まれた黄色い実の匂いで、ふと立ち止まって大きな木を見上げると青々とした葉っぱが空を塞いでいます。秋の深まりを感じるとともに、いちょうは紅葉よりも実が落ちる方が先なことに改めて、気づきました。

 さて、「匂い」といえば、面白い記事が目に留まりました。みなさんは、旅行の記憶を思い浮かべるとき、どんなことを思い出しますか?実は脳科学的には、目で見た景色などよりも、料理の匂いや味の方が記憶には残りやすいそうです。

 嗅覚は、脳の中でも本能的な感情を司る大脳辺縁系という部分と直結しているので、これは五感の中でも嗅覚だけが持つ特徴で、このため匂いは、特に感情や記憶に直接作用しやすいそうです。ある心理評論家の話によると、「カウンセリングの際に母の話は思い出しづらいが母と食べたものの話は思い出しやすい」といったこともあるそうです。

 今は、コロナ禍で旅行に行けない状況ですが、日常でも四季折々のおいしい匂いがする料理を食べながら家族で団欒を過ごすということも、幼い時の楽しい記憶に残ることだと思いました。

 

【10月の行事予定】

*10月5日(火)乳児健診

*10月6日(水)子育て支援(体重・身長を測る日)

*10月11日(月)開園

*10月12日(火)巡回指導

*10月14日(木)歯科検診(全園児)

*10月18日(月)健康体操(幼児組)

*10月20日(水)秋の健康診断(全園児)

*10月23日(土)~24日(日)エアコン清掃

*10月25日(月)乳幼児誕生会

*10月中旬 避難訓練 (地震:園外保育の避難)

 

【11~12月の保護者参加の行事についてのお知らせ】

*11月1日(月)~30日(火)個人面談週間

*11月27日(土)乳児組発表会(0・1・2歳児組が組別で入れ替え制により、発表会を行います)

*12月18日(土)幼児組クリスマス発表会(3・4・5歳児組が組別で入れ替え制により、発表会を行います)

以上の行事を予定しておりますが、新型コロナウイルスの第6波も懸念されております。感染状況により、変更させていただくことがありますので、どうかご了承くださいますようお願いいたします。

2021 年 9 月 1 日 水曜日

 8月の中旬辺りから、外でとんぼを見かけるようになり、季節が少しずつ秋へと変わっているように感じます。朝夕、気温が低い日もあり、少しずつ過ごしやすく感じる日も増えてきましたが、日中はまだまだ暑い日が続きますので、引き続き熱中症に注意しながら過ごしていきたいと思います。

 

 ★感染症情報

 7月に園内で流行したRSウィルス感染症は、8月初旬に0歳児組で2名のお子さんが罹患し、その後終息しました。8月下旬に0歳児組で1名の水痘症の診断を受けたお子さんがいますが、体調不良のお子さんはほとんど見られるず落ち着いています。夏の疲れが出やすい時期でもありますので、お子さまの体調に変化がないか様子をみていただければと思います。

 新型コロナウイルスの感染者数も減少する様子が見られず、不安な気持ちで毎日を過ごされていることと思います。園でも日頃の感染拡大防止の対策を見直し、さらに強化できる部分は早急に取り組み、また職員一同、体調管理に十分に気を配りながら保育を行ってまいります。今後もよろしくおねがいいたします。

 

👟靴選びはデザインよりサイズがポイント👟

 成長期の足は、骨が柔らかく変形しやすいため注意が必要です。

✖大きすぎる靴

 足の指で踏ん張れなくて偏平足になったり、足の指に余分な力が入るために外反母趾になる危険があります。

✖小さすぎる靴

 指が丸まり骨の成長を妨げます

 

👆ピッタリサイズのチェックポイント👆

□つま先のゆとりは指がグーパーできるくらい

□足の横がきつくない

□かかとがパカパカしない

□つま先が反りあがっている

□足が曲がる位置でも靴も曲がる

□靴底に弾力がある

 

★9月1日は防災の日 

もしも新型コロナウイルスの心配がある中で災害が起きたら・・・?

 

危険な場所にいるなら避難するのが原則です。避難のポイントとして次の5つがあります。

⚠安全な場所にいるのであれば、避難所へ行かずにその場で避難

⚠安全が確保できる、親せきや知人の家への避難も考える

⚠マスク、消毒液、体温計はなるべく持参する

⚠避難場所、避難所が変更・増設されていることもあるので、災害時は市区町村のホームページを確認する

⚠豪雨のとき屋外の移動は、車を含めて危険。車中泊をする場合は、浸水しないよう周りの状況を確認する

 

★今月の乳児健診 

*9月7日(火)0・1歳児組

*9月21日(火)0歳児組

※都合により変更となる場合があります。

2021 年 9 月 1 日 水曜日

 暑い日が続いていますが、セミの鳴き声の中に秋の虫の声も聞こえ始め季節の移ろいを感じています。

◆北区への要望書について(8月25日に北区長に提出しました)

 今年度4月期の北区の保育園の待機児童数は18名でした。長年の課題であった待機児童の解消が進んできましたが、一方で地域によっては、定員割れが生じ始めています。社会の基盤である保育所の経営の安定と充実、そこで働く職員の労働環境改善を通して、子どもたちの健やかな成長を支えるため、北区私立保育園理事長園長会では、来年度の北区の予算を作成して頂くにあたり、保育園の実情を踏まえ、「定員未充足に見合う経費について」や「きょうだいが希望する同一保育園に入園できるようにご配慮ください」「食物アレルギー等の食事に関わる対応に対する補助金の増額のお願い」など8本の柱の内容で要望書を提出しました。

 

◆職員の新型コロナウイルスのワクチン接種状況

 保護者の皆さまから、「保育園の職員は優先的にワクチン接種を受けられるとよいですね」というご意見を頂いています。そこで、登園職員のワクチン状況をお知らせいたします。

 7月までは、各々の居住地域で進めていましたが、北区保育課や園医の鹿田先生からご案内を頂き、8月から「保育園の職員」のワクチン接種を優先的に行って頂いております。職員が一斉に接種を行って、副反応等から保育がままならない状況にならないように、日にちをずらして行っています。2回目の接種を8月末までに60%の職員が終えました。そして、9月末には70%、10月中旬までには90%強の職員が終える予定です。

 

◆玄関外のコンクリート柵にクッション材をコーティングしました!! 

 過日8月22日(日)に、6月から予定していた施工予定日にちょうど雨が重なり、延期になって2カ月が経ちようやく施工することできました。完成した後に、業者のかたがプランターをもとの場所に移動すると、なんと、そこでアゲハチョウが孵化した直後のまだ濡れている姿を見ることができました。アゲハチョウは羽を数回大きく開閉すると大空に羽ばたいていきました。予期せぬプレゼントをもらいとても嬉しかったです。

 

【9月の行事予定】

*9月1日(木)健康体操(幼児組)・防災訓練(園児引き取り訓練)

*9月7日(火)乳児健診(0・1歳児)

*9月14日(火)巡回指導

*9月21日(火)誕生会(乳幼児組)・乳児健診(0歳児)

*9月25日(土)運動会(地域の新型コロナウイルスの感染状況、また国の動向を踏まえて開催を検討中です。決まり次第お知らせします。)
*9月29日(水)芋掘り遠足(5歳児組)・遠足ごっこ(4歳児組)

 

2021 年 8 月 3 日 火曜日

◆「レベル4」までに必ず避難「避難指示」に一本化・・・新しい警戒レベルとは?

 セミの声と共に梅雨が明け、子どもたちは毎日水遊びやプール遊びを楽しんでいます。 

 先月の大雨により、静岡県熱海市では土砂災害があり、多くの方が被害に遭われました。災害に遭われた皆さんに心より、お見舞い申し上げます。

 

 さて、梅雨明けと共に暑い夏がやってきましたが、今後は台風が心配になります。

 豪雨災害などの時に、市区町村が住民に向けて、発令する「避難勧告」が廃止され、今年の5月20日から「避難指示」に一本化されました。この度の見直しでの主な変更点は、

⑴「災害発生情報」を「緊急安全確保」に名称変更

⑵「避難勧告」を廃止し、「避難指示」に一本化

⑶「避難準備・高齢者等避難開始」を「高齢者等避難」に名称変更

の3点です。気象庁や国交省が発表する防災気象情報を参考に、地方自治体が「避難指示」発令します。これらの情報を、「住民がとるべき行動」によって1~5の5段階(5が最も危険)に整理したものが「警戒レベル」です。実際に、避難行動が必要となるのは、レベル3以上で、「高齢者等避難」がレベル3、保育園児もこの段階での避難と考えています。

 これまでのレベル5は、「災害発生情報」だったため、災害を確認した時に発令していましたが、「緊急安全確保」になったことで、災害が発生した時だけでなく、発生前の切迫している状況であっても、レベル5が発令

できるようになりました。大雨警報や、氾濫危険情報などの災害気象情報も「警戒レベル3相当」などという形で、それぞれの警戒レベルのどこかに位置づけられています。「今のレベルがいくつ(相当)なのか」さえ知ることができれば、どのような行動を取ればいいのかが分かります。保育園でも正確な情報把握につとめ、安全を確保して早めに行動してまいります。

 

【8月の行事予定】

*8月1日(日)創立記念日(70才になりました!)

*8月3日(火)乳児健診(0・1歳児)

*8月9日(月)※振替休日のため休園

*8月11日(水)※開園日

*8月14日(土)玄関外コンクリート柵のクッション材コーティング工事

*8月17日(火)乳児健診(0歳児)

*8月25日(水)乳幼児誕生会

*8月26日(木)・31(火)小学校体育館にて運動会練習(2~5歳児組)

*8月下旬 避難訓練

*9月1日(水)防災訓練(大地震発生を想定した園児引き取り訓練を行います。詳しくは、保護者の皆さま宛にお知らせを配布しておりますので、ご確認ください。)

 

 

2021 年 8 月 3 日 火曜日

 梅雨が明け、厳しい暑さがやってきました。晴れた日は、暑さ指数(WBGT)を参考に水遊びやプールを楽しんでいます。熱中症に十分注意しながら夏ならではの遊びを少しでも体験できればと思います。7月中旬頃より、園内で感染症の流行が見られていますので、体調管理をしながら過ごしていきましょう。

 

★感染症情報

 7月の中旬頃より、乳児クラスを中心に鼻水や咳、発熱の症状のあるお子さんが増えています。その中で、0歳児組1名、1歳児組2名、2歳児組3名、4歳児組1名がRSウィルスの診断を受けました。

2歳児組と3歳児組では、マイコプラズマ肺炎の診断を受けたお子さんも1名ずつみられています。

RSウィルス等の診断を受けていないお子さんも、鼻水や咳、発熱の症状が見られ、多数欠席者が出ています。登園を再開しても咳や鼻水の症状が残り、再度発熱するお子さんも少なくありません。7月下旬に入っても欠席者の多い状態が続いています。咳や鼻水の症状が強く見られたり、発熱の症状が見られるようでしたら早めの受診をお願いいたします。また、食欲低下や活気がない等、体調が十分に回復していない様子がある場合は、無理せず休息をとっていただくようご協力をお願いいたします。

 首都圏では新型コロナウイルスの感染が拡大しています。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以前よりお伝えしておりますが、37.5℃以上の発熱が見られる場合には、解熱後24時間経過するまで自宅で様子をみていただくようお願いいたします。また、同居するご家族(きょうだいも含む)に同様の症状があった場合、お子さんが元気で症状がなくても、症状のある方が改善するまでは、一緒にご自宅で様子をみていただくようご協力をお願いいたします。

 

★8月7日は「鼻の日」 鼻水が長引くのは病気のサイン!?

鼻は呼吸は病気の予防に役割を果たす大切な器官。気になる症状があったら、耳鼻科を受診しましょう。

👃風邪をひいていないのに、しょっちゅう鼻がつまったり、鼻水が出たりしている

 →アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの疑い

👃鼻づまりがあり、しきりに耳をさわる

 →急性中耳炎の疑い

👃いつも目やにや鼻水がてている

 →鼻涙管閉塞や結膜炎の疑い

 

★すぐに戻るから・・・は危険です!

夏、子どもが車内に残り死亡する事故が毎年起こっています。

時間の経過とともに上昇する社内温度の推移はエンジンがきれてから、

(※ある8月の晴れた日、気温35℃の正午に測定した車内温度)

 0分後→25.0℃

 5分後→35.4℃

 10分後→37.8℃

 60分後→48.0℃

と上昇していきます。窓を3㎝開けておいた車でも、車内温度はほとんど違いがなかったそうです。ほんの数分でも、真夏の車内は命を奪う暑さになってしまいます。「寝ているから」「すぐに戻るから」は危険です!

 

★今月の乳児健診

*8月3日(火)0・1歳児

*8月17日(火)0歳児

※都合により変更となる場合があります。

 

2021 年 7 月 1 日 木曜日

 曇りや、雨の日が多く、じめじめした陽気が続いていますね。梅雨が明け、水あそびやプールで思いっきり遊べる日が待ち遠しいです。園では、熱中症計を活用し、暑さ指数の基準に沿って外での活動の可否を判断します。暑さ指数が高い日は、遊ぶ時間を短縮したり、中止することもありますので、ご了承いただくようお願いいたします。

 

【感染症情報】

 6月前半に2歳児組でウィルス性胃腸炎のお子さんが1名みられましたが、その後は感染拡大することなく経過しています。乳児クラスでは、熱や鼻水、咳の症状のあるお子さんが少しずつ増えてきています。体調が悪い時には無理をせず、ゆっくり体を休めてあげるよう配慮をお願いいたします。

 

【RSウィルス感染症が流行しています!】

 乳幼児に肺炎を引き起こすRSウィルス感染症が、首都圏で流行しています。患者報告数が2003年の調査以来、最も高い数値となっているそうです。近隣でも流行しているところがあるようですので、注意していきましょう。

 

RSウィルスとは・・・

・RSウィルスによる呼吸器感染症です。1歳までに50~70%が感染し、2歳までには、ほぼすべてのお子さんが少なくとも1度は感染すると言われています。生後数週間~数カ月に感染すると細気管支炎、肺炎を引き起こすことがあり、特に低出生体重児や心臓や肺に基礎疾患がある場合は、重症化のリスクが高くなります。RSウィルスは生涯にわたって感染を繰り返します。幼児期に再感染し発症することもよくありますが、多くは軽症状です。

・鼻水や咳、発熱などの症状が数日続きます。多くは軽症ですみますが、「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴を伴った呼吸困難がでるなどの症状が出現した場合は、細気管支炎、肺炎へと進展することがあり注意が必要です。

・RSウィルスには有効な抗ウイルス剤がなく、対症療法(症状を和らげる治療)となります。

・感染の多くは飛沫感染ですが、ドアノブなどの環境表面についたウイルスへの接触により、鼻や口、粘膜などを通して、感染する接触感染も成立します。咳エチケットや手洗いをしっかり行い感染対策を行っていきましょう。

 

☆「まさか!」に注意!!

体力には自信があるよ!

 気温や湿度が高いと、体は汗をうまく蒸発できません。朝食抜きや寝不足も熱中症の原因に。どれも体力があることと関係ないので、休憩を忘れずに!

水に入っているからプールは大丈夫?

 直射日光が当たると、水温がだんだん上がっていきます。暑さを感じにくく、のどの渇きに気づくのも遅れるので、こまめにプールから上がり、水分補給を。

 夜寝ているときなら心配ないよね

 寝ている間も汗をかくので、知らないうちに水分が失われていきます。寝る前にコップ1杯の水を飲み、エアコンを上手に活用しましょう。

 

【保健からのお知らせ】

*7月6日(火)0・1歳児

*7月20日(火)0歳児

2021 年 7 月 1 日 木曜日

この夏は、プール遊びを楽しみます!!(幼児組)

 昨年は、新型コロナウイルス感染症の感染防止のためプール遊びを中止しましたが、今年度は密を避ける感染防止対策として、3階のルーフバルコニーには1クラスずつ上がり、着替えも重ならないようにして、プール遊びを実施することにしました。 各クラス、プールに入るのは1日おきになりますが、3階に上がらない時は園庭で水遊び等を行ったりします。園庭での水遊び用に水鉄砲や噴水も購入しました。プール遊びとはまた違った遊びも楽しみます。

 

赤ちゃんはなぜかわいいの?

 毎朝の受け入れの時間にも、最近では、赤ちゃんに会える幸せな時間を与えていただいています。イギリス生イギリス生まれの動物行動学者でデスモンド・モリスさんは、動物に対する視点を人間の行動に当てはめた考察を行っていますが、何気ない動作をウォッチしてまとめた「マンウォッチング」という人間観察学の有名な本があります。その本には赤ちゃん(幼児)の観察記録もたくさんあるのですが、その中の一節に「幼児は泣くことによって親をとらえ、微笑と笑いによって親をひきつけておくのである。」モリスさんは、子どもは親の愛情と注意を引きおこそうとする信号を送っているといい、それを「幼児信号」と呼んでいます。特に顔を含めた幼児の体形が強力な刺激として働き、親の愛情を誘発するのだそうです。赤ちゃんを見るとたまらなくかわいいと感じられ、かばいたくなりますが、赤ちゃんの体形等の特徴は、赤ちゃんの生存に欠かせないものであると述べられています。赤ちゃんはいるだけでかわいらしさは伝わってきて、大切にしたくなります。

 

【7月の行事予定】

*7月3日(土)畳の表替え(0歳児室)

*7月5日(月)健康体操(幼児組)

*7月6日(火)乳児健診

*7月10日(土)窓ガラス清掃

*7月13日(火)巡回指導 

*7月14日(水)サッカー教室(5歳児)

*7月中旬 避難訓練

*7月16日(金)流れ星会(5歳児組)

*7月20日(火)乳児健診

*7月21日(水)乳幼児誕生会

*7月25日(日)雑排水管の清掃

 

◆8月の同窓会

 例年8月に行っている同窓会ですが、新型コロナウイルスの感染の収束が見通せない状況ですので、今年度は中止とさせていただくことにいたしました。対象のお子さんには手紙でもお知らせしますが、きょうだいやお知り合いに小学校の1・2年生がいらっしゃる方はどうぞ、お伝えくださいますようお願いいたします。

 

◆お知らせ 

 7月と8月のカレンダーは、東京オリンピックの関係で例年の祝日の日にちが、変更になっています。下記のとおりとなりますので、登園する日をご確認ください。

*7月19日(月)開園(海の日が22日に移行したため)

*7月22日(火)海の日(休園)

*7月23日(金)スポーツの日(10月の祝日が移行したため休園)

*8月9日(月)8日(日)山の日の振替休日

*8月11日(水)開園(山の日が8日に移行したため)

このページの一番上へ