園長室からこんにちは


保健だより

 まだまだ寒い日が続いていますが、晴れた日は、外で体を動かし元気いっぱいに過ごしています。年が明け1カ月、園全体で大きく体調を崩すお子さんは見られず落ち着いていますが、進級・入学を控え慌ただしい時期を迎えます。元気に新年度を迎えることができるよう、体調管理をしていきましょう。

 

 ★先月の様子

 1月は、乳児クラスで鼻水の症状の見られるお子さんが多くいました。各クラスでは発熱により欠席をするお子さんが数人いましたが、1~2日程で軽快するケースが多く、感染症に罹患したお子さんはいませんでした。気温・湿度が低く、まだまだ風邪などに気をつけたい時期ですね。元気な体を作るポイント「早寝早起き・バランスのいい食事・適度な運動」を心がけて元気に過ごしましょう。

 

 ★5歳児組 保護者の皆さまへ

 2月18日(木)に北区の歯科衛生士さんによる歯みがき指導を予定しています。当日に歯ブラシ等、準備をしていただく物がありますので、実施日が近くなりましたら、詳細をお知らせさせていただきます。新型コロナウイルス対策により、内容等に変更が生じる場合もありますので、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします

 

 ★この症状はもしかして・・・

□鼻が詰まり口呼吸をすることが多くなっている

□透明な鼻水が出る

□目のかゆみがある

□熱やのどの痛みはない

□屋外に出ると症状が悪化する

➡以上に当てはまったら、花粉症かもしれません。一度専門のお医者さんに診てもらいましょう。

 

 ★皮膚の乾燥対策

 こどもの皮膚は、大人に比べ薄く、些細な刺激でもダメージを受けやすいため注意が必要です。また、皮脂を分泌する皮脂腺が未熟なため、冬だけではなく夏場も乾燥肌で肌がカサカサすることがあります。皮脂腺は中学生頃に成熟しますので、それまでは特に乾燥に注意することが必要です。

 

★入浴方法★

 お湯の温度が熱すぎると、お肌のうるおい成分溶かしてしまうリスクがあります。温度は、39℃程度を目安としましょう。長風呂も皮脂を奪うので、適度な入浴時間を心がけましょう。また、身体の洗いすぎは肌トラブルのもとです。石けんやボディソープを過度に使いすぎないよう、また。スポンジやナイロンタオルで強くこすると肌にダメージを与えますので、手で優しく洗ってあげましょう。

 

★手荒れについて★

 今年は、例年以上に手洗いを入念におこなっているため、小さなお子さんも手が荒れてしまうケースが増えています。手荒れがなくても、手を洗った後はハンドクリーム等で保湿し、日ごろからケアをすることで手荒れを予防することができます。また、熱いお湯は洗浄力が強いので、冬場はぬるま湯を使いましょう。ひどい手荒れの場合には早めに皮膚科か小児科を受診しましょう。

 

今月の乳児健診

*2月2日(火)0・1歳児

*2月16日(火)0歳児

 

 

 

このページの一番上へ