園長室からこんにちは


園長より

あけましておめでとうございます!

 今年のお正月はいかがお過ごしだったでしょうか?

 今月のお便りではお正月にちなんで、「ハレとケ」について話題にしようと思います。

 さて、みなさんは、「ハレとケ」という言葉をご存じですか?

 ハレ(晴れ)は冠婚葬祭や年中行事などの特別な日をさし、ケ(褻)はそれ以外の普通の日常的な生活をさしています。「ハレ」と「ケ」は、民俗学者の柳田国男(明治8年~昭和37年)が、日本人の伝統的な世界観を表現するために定義した言葉だそうです。

 私が、小さい頃の時代のことですが、「ハレの日」は特別な日なので、普段そんなに口にすることができないお肉やお酒、豪華な料理が並び、着る物や化粧まで特別にするのが習わしでした。今でも、「晴れ着」や「晴れ舞台」、「晴れの門出」など、お祝い事や記念日などに用いますね。

 一方、「ケの日」はいつもの日常なので、朝起きて仕事をし、ご飯とみそ汁とちょっとのおかずと漬物程度の食事をして寝るという、ほとんど同じ毎日の繰り返しでした。

 この「ハレとケの生活」、日常は質素な食生活で健康を保ち、たまの呑み食いでストレスを溜めないという、絶妙な生活バランスだったのです。現代は、高級な食事が格安で毎日のように食べられるようになりました。

 「ハレとケ」という区別もなくなってしまい、食べ物も着る物も両方が中途半端な状態です。とはいえ、昔の人たちのように質素な日常を送る毎日ではつまらないですね。ですから、先人たちが培ってきた「ハレとケ」をヒントにした生活スタイルを取りいれるのはいかがでしょう。「ハレの日」を楽しみにするため(好きなものを呑み食いするために)「ケの日」は健康第一に考えた食事にする。「ハレ」と「ケ」を使い分け、メリハリのある生活を送りたいですね。

 今年も健康で幸せな一年になりますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

【1月の行事予定】

*1月8日(金)もちつき会

*1月12日(火)乳児健診

*1月13日(水)伝統芸能でん舎「希生」鑑賞(5歳児)

*1月18日(月)健康体操(幼児組)

*1月20日(水)サッカー教室(5歳児)

*1月22日(金)巡回指導

*1月26日(火)乳幼児誕生会 ・ 乳児健診(0歳児)

*1月27日(水)お正月遊び会(幼児組)

*1月下旬 避難訓練

 

 

このページの一番上へ