園長室からこんにちは


保健だより

 今年は梅雨が長く、7月はどんよりとした天気が続きました。8月には、ようやく梅雨明けとなり、久しぶりの晴れ間を見られそうですが、厳しい暑さがやってくるのも少し心配ですね。新形コロナウイルス感染対策に加え、熱中症対策にも十分に気を配りながら暑い夏を乗り越えていきましょう。

 

★感染情報

 7月は鼻水や咳、発熱といった症状のみられるお子さんが各クラスに数人いました。症状が1週間以上継続して見られる子も多く、体調がすっきりしない様子がありましたが、7月の終わり頃から全体的に症状が軽快してきています。感染症等の流行はなく過ごしていますが、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため不安な日々を送っていることと思います。感染対策としていろいろな情報がテレビ等で発信されていますが、基本は「手洗い」です!コロナウイルスは体に入ると増殖できますが、物の表面に付着するだけなら時間が経つと壊れてしまいます。ただし、付着する物によって、24~72時間位、感染する力を持っています。流水で洗うと、ウイルスは流れ、石けんでの手洗いは感染する力を失わせることができます。指先、指の間、手首、手のしわなどウイルスが残りやすいところは特に念入りに洗いましょう。

 引き続き、ご家庭でもお子様の体調の観察や、体調不良時の十分な休息の確保にご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

★熱中症対策の基本は・・・

 例年、厳しい暑さで注意したいのは熱中症!!対策の基本は・・・「3色しっかり食べること」です。

 熱中症対策では、水分と電解質の補給が取り上げられる場合が多いですが、3食をしっかり食べるのが最も基本的で重要なことです。できれば、主食・主菜・副菜のそろった食事を心掛けましょう。

 

★清潔を保ってバリア!あせも予防

 汗をたくさんかく夏に気をつけたい”あせも″。

白や赤のポツポツができ、赤いものはかゆみも伴います。原因は大量に汗をかき、汗の出る穴がふさがることです。しっかりと汗のケアをして、予防しましょう。

 こうして予防!

 *吸湿、吸水性のよい衣類を選ぶ

 *こまめに着替える

 *クーラーを上手に使う

 *汗をかいたらタオルでふいたり、シャワーを浴びる

 

 ここが危険!

 汗のたまるところは、特に注意が必要です!

 *首

 *わきの下

 *ひじ、ひざの裏 など

 

★アルコールスプレー使用時のお願い

 園舎の入口に設置しているアルコールスプレーをお子さまが噴霧し、顔にかかってしまうトラブルが起こっています。噴霧する際は必ず保護者の方が行うようお願いいたします。

 

今月の乳児健診

 *8月4日(火)0・1歳児組

 *8月25日(火)0歳児組

※都合により変更となる場合があります。

 

このページの一番上へ