園長室からこんにちは


2020 年 6 月 12 日 金曜日

 5月25日(月)に全国の緊急事態宣言が解除され、6月1日から北区の保育園も登園自粛が緩和されました。半分くらいのお子さんの登園で始まった6月ですが、子どもたちの声がにぎやかに聞こえ、保育園にも活気が戻ってきています。まだ収束に至っておりませんので、新型コロナウイルスの感染予防対策を行いながらの運営になります。不都合なことがあるかもしれませんが、どうかご了承ください。また、お気づきのことがありましたら、遠慮なくお声掛けください。

 

◆みんながあいしてくれていた

 だいぶ前になりますが、テレビのあるトーク番組で作家の田辺聖子さんが出演されていて、あまりにもくったくなく楽しそうにいろいろなお話をされてたので、その番組で話題にされていた作品を読んでみたいと思い、取り寄せてみました。その本の中に子育てをしていらっしゃる保護者の皆さんに、ぜひ伝えたいと思う文章がありましたのでご紹介します。(田辺聖子作『一葉の恋』世界文化社 より)

 『人生の祖型はみな子どもの時代にある。人生を生きぬく力の源、というのも子どものころにたくわえられる。子どものときの贅沢をした記憶ものちのちまで支えになる。しかし、いまも私を支え、バネになり、励ましてくれるのは、贅沢の記憶ではなく、それほどまでに愛された、という自信の記憶なのだ。子どもは口ではいろいろなことをいうし、可愛げのない反応もみせる。(私はこういうようなことを、あの人にしてもらった)ということが、生きていくバネになる。何でもない、ごく些細なことを嬉しく思うことがある。それはまた反対に、大人の悪意や嘲弄や冷淡にも敏感であることで、それを思うと、子どもをとりまく環境をおろそかに考えてはいけない。子どもを可愛がって、「オマエのことは、みんなが好きなんだよ」というのを分からせてやりたい気がする。大きくなってから、「みんなが愛してくれていた」という記憶を心の支えに、やっと辛い人生を渡ってゆく、そういうことが、その子の生涯におこるかもしれないのだから・・・。』ちょっと、振り返ってみてください。

 

【6月の事業予定】

*6月8日(月)布団乾燥

*6月9日(火)乳児健診

*6月19日(金)巡回指導

*6月23日(火)乳児健診

*6月24日(水)誕生会(乳児・幼児組) ぎょう虫卵、便検査回収日

*6月末 避難訓練

 

【今年度、次の行事は中止します】

 新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、室内で大勢で集まる事業は秋まで中止することにしました。

* 8月 同窓会 

*10月 おじいちゃんとおばあちゃんと遊ぶ会

 

 

2020 年 6 月 12 日 金曜日

 今年一番の暑さを更新する日が続き、夏がもうすぐそこまで近づいていることを実感します。今年は、新型コロナウイルス対策でマスクをつけて過ごすことが多く、熱中症には十分に注意が必要ですね。湿度の上昇で、食中毒の発生が多い季節でもありますので、食品の管理にも気を配っていきましょう。

園での子どもたちの様子

6月1日(月)より通常の保育体制にもどり、元気な姿をみせてくれました。現在、体調不良や感染症の発生はなく、みんな元気に過ごせてます。保育園では今後も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、発熱や咳等の呼吸器症状の有無を確認し、環境設定に留意しながら保育にあたっていきます。

発熱が認められる場合には、解熱後24時間以上が経過し、症状の改善がみられるまでは登園を控えていただくようお願いいたします。呼吸器症状がみられる際も同様の対応となります。喘息等の疾患を抱えているお子さまはご相談ください。まだ終息の見えない状況で長期にわたりこのような対応をお願いすることと思いますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

★ぎょう虫卵・便検査のお願い

 例年、5月に全園児を対象に行っていますが、今年度、5月中は緊急事態宣言により登園自粛を依頼していたため、6月に実施させていただきます。

 容器回収→6月18日(木)

 検体回収→6月24日(水)

詳しい内容は、容器を配布する際に同封する手紙をご確認下さい。ご協力お願いいたします。

 

今月の乳児健診

 *6月9日(火)0歳児組・1歳児組

 *6月23日(火)0歳児組

※4月の全園児健康診断を欠席されていたお子さまは6月の乳児健診のときに健診を行います。

※都合により日程を変更する場合があります。

 

6月は歯の衛生週間です

噛むといいこと、その理由は?

➡食べるために「かむ」のではありません

★味覚が発達

 味わって食べることが、味覚の発達につながります

★脳が活発に

 脳への血流が増えるので、脳の働きが活発になります

★胃腸の働きをよくする

 よくかみ砕いて、だ液と混ぜ合わせると、消化がよくなります

★歯の病気を予防

 かむとだ液がよく出ます。だ液には、むし歯や歯周病の原因になる細菌を洗い流したり、歯を溶かす酸に対 抗する力があります。

★ことばが明瞭に

 あごの筋肉が鍛えられて、発音がきれいになります

★肥満を予防

 よくかんでゆっくり食べると、脳が満腹を感じて、食べすぎを防ぎます

 

※保育園での食後の歯ブラシについて

 4.5歳児クラスでは食後に歯磨きを実施していますが、飛沫の飛散等のリスクがあり、現在、歯磨きの実施方法を検討中です。6月中は食後のうがいのみの実施で、7月以降実施の環境が整い次第、再開をさせていただく予定です。歯ブラシは園の保管庫でお預かりさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

小さいお子さんのマスクの使用について

 日本小児科医会より、2歳児未満の子どもにマスクを使用しないよう注意喚起がありました。呼吸がしにくく、呼吸や心臓の負担になることや、熱中症、体調不良の気づきの遅れのリスクがあります。園では、2歳以上のお子さんも様子をみながら使用していきます。


  • このページの一番上へ