園長室からこんにちは


保健だより

 9月は手足口病などの感染症が流行し、体調を崩し欠席するお子さんが多くいましたが、9月の中旬になると少しずつ体調も改善し、先日の運動会は病欠の欠席者はなく、元気に参加することができました。日中はまだ汗ばむ日もありますが、秋風が心地よいこの時期、外に出てたくさん身体を動かしていきたいですね!

 

✿感染症情報✿

 9月は手足口病が園内で大流行となってしまい、0歳児は9名、1歳児は6名、2歳児は1名、3歳児は4名の感染者が出ました。発疹の症状が強く、現在罹患した数名のお子さんに手足の皮がむける症状が見られてます。9月中旬には、感染者も0名となり終息となりました。その他に、ヘルパンギーナに数名、マイコプラズマ肺炎、溶連菌、インフルエンザ、ヒトメタニューモウイルスの感染者が1名ずつみられましたが、今のところ感染の拡大はありません。

 季節の変わり目で体調を崩しやすい時期なので、食事や睡眠をしっかりとり体調管理をしてきましょう。

 

6月に実施した歯科検診結果のご報告

 木の実保育園在籍者(6月時点:74名)

 受診者66名中むし歯あり:12名(18.2%)でした。

 ※昨年度は12.5%でしたので、大幅に増えています

★この度、㈱エンジン様より、むし歯予防啓発冊子「すくすく歯日記」をいただきました。むし歯にしない為の基礎知識や、歯の成長記録をチェックするスペースなど、お子さまの歯の健康を再認識する資料として活用できるものとなっています。在園されているお子さまに配布をさせていただきますので、ぜひご活用して頂けたらと思います。

 

10月10日は目の愛護デーです!

子どものIT眼症について

IT眼症とは・・・「IT機器(テレビゲームやスマホ等)を長時間あるいは不適切に使用することによって生じる目の病気、及びその状態が誘因となって発症する全身症状」をいいます。

IT眼症の症状・・・目の疲れ、つまり眼精疲労です。目が乾く「ドライアイ」という症状もよく見られます。また、長時間同じ姿勢、同じ距離で画面を見ることによって、首の緊張や眼筋の緊張が生じて、身体緊張にまでつながります。これが長時間続くと、さらに自律神経の失調までひきおこすことがあります。何よりもよくないことは、他人とのコミュニケーション不足が、子どもの精神的・知的発達に大きな影響を与えることです。目の症状が出ることは、それだけ精神的・知的発達にも影響があると考えて、真剣に対策をとりましょう!

IT眼症を防ぐために「3つの50」を守りましょう

 1.IT機器を使うなら50㎝以上離れても楽にみえるものを

 2.連続使用は50分以内

 3.IT機器から50㎝以上離れて見る習慣をつける

 

お知らせ

*10月1日(火)乳児健診(1歳児組)※都合により変更になる場合があります。

*10月23日(水)9:30~全園児健康診断

 

4歳児組 保護者のみなさまへ

 10月の後半に、4歳児組を対象に視力測定を実施する予定となっております。測定日が近くなりましたら、保護者の方へ問診票を配布させていただきます。お忙しい中、お手数をおかけしますが、ご協力をお願い致します。

 

このページの一番上へ