園長室からこんにちは


保健だより

今年度もいよいよ1か月となりました。この1年を振り返り、一人ひとりが自分のペースで大きく、たくましく成長した姿をうれしく感じているこの頃です。来年度へ向け、みんなで少しずつ準備をしながら、残りの日もおもいっきり楽しみたいと思います。

 

✿感染症情報✿

ようやく、インフルエンザの感染者報告数が約15万人/週まで減少してきていますが、学級閉鎖している小学校が2700施設ほどある。と発表しています。(厚生労働省H28.2.23発表)

木の実保育園では、水ぼうそう3名、インフルエンザ1名、突発性発疹1名、溶連菌感染症1名、ウイルス性胃腸炎4名感染者がいました。

2月下旬、ウイルス性胃腸炎の症状でお休みの子が多くいました。引き続き感染症予防を継続し、笑顔で進級できるようご協力お願い致します。

 

小児の便秘について

<さいたま市立 小児科 中野美和子先生>より

『小児の便秘について』ご紹介します。

大切なこと。

1.うんちは体からのおたより

2.慢性便秘症は病気→治療の対象

「なおす」よりも「コントロール」する。良い状態で成長を待つことが重要。

良いうんちとは…?2~3日に1~3回の排便。うんちしたいと思ってトイレに行ってスムーズにうんちし、すっきり感があること

トイレ環境→洋式の場合は踏み台などを利用し、踏ん張れる環境をつくる事。

便秘治療は、『便秘でない状態』を保つように投薬する。つまり、快便になるような状態を保つことが大切。

排便恐怖をおこさせないよう排便コントロールする。

 

✿3月3日は「耳の日」✿

耳は音を聞いたり、体のバランスをとる大切な役割をしています。

人間の聴力は、胎内からすでに発達していて、生まれた時から親の声や、周りのさまざまな音に反応し、情報を得ています。

乳幼児期は言葉を覚えていくためにも大切な時期です。耳が聞こえているのか、気になる行動はないか、よく観てみましょう。

*聞こえのチェックをしてみましょう!

□大きな音に驚いたり、目をさましたりする

□おもちゃの音、テレビの音などに振り向く

□呼びかけられたときに振り向く

□音楽に合わせて、体を動かしたり、踊ったりする

□好きな音楽やコマーシャルの歌が聞こえたら、近づいてくる

□声のみの指示に従うことができる

□発達にそって習得する言葉が増えてくる

□言葉のまねがある

※該当するものに、チェックします。

チェックが少ない場合には専門医にご相談ください。

このページの一番上へ