園長室からこんにちは


2017 年 9 月 1 日 金曜日

8月の前半は、はっきりしない天候が続いたことで、鼻水や咳、発熱の症状がみられるお子さんが増えてきました。夏の疲れも残る時期ですので、休息をしっかりと、とりながら過ごしていきましょう。

*感染症情報*

40℃近い発熱により、休む子どもが数名いましたが、8月も感染症の大きな広がりはありませんでした。地域では先月に引き続き、手足口病の患者報告が減少していません。木の実保育園でも、2名、手足口病と診断されたお子さんがいました。保育園内での新たな感染報告はありません。季節が変わる頃に感染症や風邪にかかりやすくなります。手洗い・うがい・早寝・早起きを心掛け、感染症予防を行っていきましょう。

*爪をこまめに切りましょう*

まだまだ虫に刺されやすい季節です。刺された場所をかいて、とびひになるお友達もいます。とびひの悪化、爪によるトラブルを防ぐためにも、爪はこまめに切ってあげましょう。

~~こどもの爪の特徴~~

爪もまだまだ成長段階で、にまい爪や先端が反るような爪になります。こどもの爪も年齢を重ねるごとに厚く丈夫な爪になっていきます。こまめに切ってあげることで、衛生的な爪を保つことができます。

*9月9日は救急の日*

昭和57年(1982年)に厚生労働省によって定められました。一般に救急医療の理解と認識を深めてもらうことを目的として、救急の日(9月9日)を含む1週間を「救急医療週間」とし、毎年全国で応急手当の講習会や救急に関するイベントが催されています。現在、多くの職場や公共施設にAEDが設置されています。この機会に、手順を再度見直してみてはいかがでしょうか。


  • このページの一番上へ