園長室からこんにちは


園長より

◆幼いころの風景

 今年も保育園にあおむし君がやってきた。ちょうちょは、いつ、卵を産んでいったのだろう?

「なんか黒い粒がたくさんあるわね。」と話していたら、それが縞模様の虫になり、気が付くとあおむしに…。みかんの木は丸坊主。みかんの葉っぱを求めて、あおむし君は散歩に出かけて行っています。(保育園のみかんの木に対して幼虫が多すぎたそうです。)あおむし君たちを観察する朝夕の親子の楽しそうな会話を聞いていたら、なんだか自分の幼いころの事を思い出しました。

 半世紀も前になりますが、私が生まれ育ったところ(埼玉県戸田市です)で思い出すのは…

 隣の家は数百メートル離れていて、その間は田んぼや畑、田んぼ後の草っ原や竹やぶでした。草っ原や竹やぶは格好の遊び場。竹やぶを探検したり、基地つくりをしたりしました。草原にはカマキリの卵があって、ふわふわの卵から成虫と同じ形をしたカマキリがたくさん出てきたのを覚えています。当時の私は、草っ原や竹やぶに持ち主がいるなんて、考えもしませんでした。後になってわかったことですが、竹やぶの竹を切って基地つくりをした時に私たちを怒ったのは、竹やぶの地主さんだったんですね。ある時は、竹の棒に草で20㎝くらいの輪っかを作り、そこにくもの巣を付けて、トンボとりをしました。田んぼには、肥料にするためにれんげ草が植えられていたので、それを摘んで首飾りを作りました。また、稲刈りが済んで水が引けた田んぼには縁が土でもこもこした穴がたくさんできます。その穴にスルメをつけた糸をぶら下げて引っ張るとまっかちん(ざりがに)が食いついてきて、釣ることができました。これは、当時の私のお気に入りでした。

 中学になるころには、幹線道路(大宮バイパス)ができるために、実家は少し離れたところに引っ越しました。そして、その後は田畑がだんだんと宅地化されていきました。

 幼いころの風景は私が現在、物事を考えたり感じたりすることの原点になっているものだと感じています。保育園の子どもたちにも自然等今、関わっている環境からいろいろなことを感じておおらかに心豊かに育っていってほしいと思います。

【6月の行事予定】

*6月3日(土)バザー

*6月6日(火)乳児健診

*6月7日(水)健康体操

*6月12日(月)巡回指導

*6月14日(水)サッカー交流(5歳児)

*6月21日(水)誕生会(乳・幼児組)・乳児健診

 子育て支援「体重・身長を測る日」

*6月26日(月)プール開き(幼児組)

 堀船中学校2年生職場体験(~30日)

*6月27日(火)堀船南保育園お店屋さんごっこ(5歳児参加)

*6月28日(水)健康体操(7月分)

*6月30日(木)救命救急講習(職員新規取得者)

*6月下旬  避難訓練

【組別保育参観・保護者会】

 保護者の皆さまにおかれましては、お忙しいところ恐縮ですが、ご出席くださいますようお願いいたします。

*ひよこ組(0歳児) 6月20日(火)

*ひばり組(1歳児) 6月23日(金)

*つばめ組(2歳児) 6月14日(水)

*り す組(3歳児) 6月13日(火)

*うさぎ組(4歳児) 6月8日(木)

*こうま組(5歳児) 6月9日(金)

 

 

このページの一番上へ