園長室からこんにちは


保健だより

 新年度が始まり、あっという間に1カ月が経ちました。少しずつ新しい環境に慣れ、子どもたちの笑顔も増えたように思います。寒暖差がまだしばらく続きそうです。体調に気を配りながら今月も楽しんで過ごしていきたいと思います。

✿感染症情報✿

 4月17日頃からインフルエンザB型の感染が流行しました(4月10日から4月16日までに全国で800名の感染が報告されました)。今回のインフルエンザは、症状が軽く、長引くという特徴があるようです。現時点では冬に行った予防接種の効果はほぼゼロに近いと言えます。兄弟関係での感染報告もまだきかれていますので、手洗い・咳エチケット等で予防していきましょう。

✿虫よけ対策について✿

 園では個別に虫よけスプレーをお預かりしていない為、手作りの虫除けスプレーを散歩や戸外遊びの際に使用させていただきます。手作りスプレーの内容は、制汗・消臭作用のあるミョウバンと虫が嫌がる臭いといわれるハッカ油を見ずにごく少量とかしたものです。肌が弱く使用を控えてほしい場合などは、個別の対応を検討させていただきますので、遠慮なく担任または看護師までお知らせください。

✿保護者総会✿

 先日の保護者総会にて園医 鹿田先生との懇談会を行いました。季節の変わり目には、皮膚の乾燥や湿疹が多く見られます。皮膚トラブルケアとして、入浴のメリット(皮膚病・感染症の予防、温浴・水圧効果(リラックス効果)、臭気などへの対策(体脂・垢の除去))・デメリット(熱すぎるお湯は角質にダメージを残す、皮膚の乾燥、病床時は体に負担がかかる)があるそうです。日本人は綺麗好きであることから、毎日の入浴が習慣になってきています。自宅にお風呂がない時代は2.3日に1度の入浴だったそうです。衛生面から毎日入浴することは欠かせない事ですが、皮膚乾燥が強いお子さんなどは、固形石鹸(ボディソープは洗浄力が強い為)を使い、2.3日に1度体を洗うようにしてみるといいそうです。また、お湯の温度は、38~40℃が適正とのことでした。

 総会に参加できなかった方も、鹿田先生に質問等がありましたら、遠慮なく看護師にお声かけください。

 

このページの一番上へ