園長室からこんにちは


保健だより

 9月下旬の頃は、気温差が大きく体調の崩れを心配しましたが、先日の運動会では元気いっぱいに日頃の練習の成果を発揮してくれました。徐々に秋らしい陽気に変わっていくようですが、まだまだ暑い日も!体調管理に気をつけていきましょう。

>>感染症情報<<

 0,1歳児クラスでは、9月の中旬より鼻水や咳、下痢などの症状の見られるお子さんが増えています。これから寒くなり、いろいろな感染症の流行する時期に入りますので、手洗い等の感染予防や規則正しい生活を心掛けていきたいですね。

✿B型肝炎が定期接種になります✿

 平成28年10月1日よりB型肝炎ワクチンが定期接種化されました。対象者は平成28年4月1日以降に生まれたお子さんです。0歳児に限り公費(無料)で接種を受けられ、生後2か月~3回接種となります。

 詳しい接種スケジュールにつきましては、かかりつけの医師と相談してください。

☆10月15日 世界手洗いデー☆

 私たちの手には、目に見えない、いろいろな菌が付いています。手を介して、口や鼻から体の中に細菌が入り込み病気にかかることがあります。まずは大人が子どもの手本となるように、石けんを使った正しい手洗いを見せていきましょう!

>>10月10日は目の愛護デー<<

「IT眼症とは」

 IT機器を長時間あるいは不適切にしようすることにより生じる目の病気、およびその状態が誘因となって発症する全身症状をいいます。近年、IT機器を子どもも盛んに使用するようになり、大人と同じ様なIT眼症を訴える子どもが増えています。

 IT眼症の症状は、目の疲れ(眼精疲労)です。目が乾く「ドライアイ」とい症状もよく見られます。乾燥による角膜への影響、さらには他人とのコミュニケーション不足で、子どもの精神的・知的発達に大きな影響を与えます。

 IT眼症を防ぐためには、IT機器の長時間の使用を避ける(最長でも1時間)、IT機器から50㎝以上離れてもよく見える機器を使用する、はじめからIT機器を見せない、親が他の物に興味をもたせる、子どもと積極的に話をする等の大人の配慮が必要です。また、目の異常を訴える際は早めに眼科を受診し異常の早期発見に努めましょう。

 

 

このページの一番上へ