園長室からこんにちは


保健だより

 梅雨の晴れ間は、気温が上昇し真夏を思わせるような暑さになりますね。先日のプール開きは晴天に恵まれ予定通りに行うことができました。みんな元気にいっぱい楽しんでいました。これから、夏本番!たくさん食べて、しっかり水分補給をし、楽しく元気に夏を乗り切っていきましょう。

>>感染症情報<<

 乳児クラスでは軟便~下痢の症状が見られるお子さんが数名います。幼児のクラスでは、今現在、感染症の流行は見られていませんが、この時期は夏特有の感染症が流行する時期でもありますので注意が必要です。

~~夏に気をつける病気、症状~~

 *咽頭結膜熱(プール熱)…発熱(38~39℃)、のどの痛み、結膜炎といった症状をきたします。

 *手足口病…口の粘膜や手足に、水ぼうそうのような発疹が現れます。

 *ヘルパンギーナ…38~40℃の発熱、のどの痛み、食欲不振、全身のだるさなどを生じます。

 *流行性角結膜炎(はやり目)目の充血や朝起きた時に目やにがべったりついていたり、まぶたが腫れます。

 *伝染性膿痂疹(とびひ)…虫さされをかきこわして細菌がつき化膿し、接触により伝染します。プールは中止です。

>>熱中症&紫外線対策<<

*水分補給のポイント⇒夏場は汗をかくため、体から水分が失われていきます。のどが渇く前に水をこまめに少量ずつ与えるようにしましょう。一度にたくさん与えてしまうと、食欲が落ちることもありますので注意します。

*帽子と服装で熱中症対策⇒熱中症と紫外線対策として、外に出る時は帽子をかぶります。また、服装についっ中小予防の面から黒などの色の濃い色よりも白色系の色が適しています。黒などの色の濃い色は熱を吸収しやすく、白色系の色の方が熱をためないとされています。

このページの一番上へ