園長室からこんにちは


保健だより

 暖かく過ごしやすい陽気になりました。子どもたちは汗をたくさんかきながら、外で元気に遊んでいます。4月中旬より咳の症状や、感染症に罹患するお子さんが増えています。連休の間は、お子さんの体調を見ながら、無理なく楽しく過ごしましょう。

>>溶連菌感染症の感染者がでています<<

溶連菌とは…

<原因・症状>

 A群溶血性連鎖球菌という細菌による感染症です。のどの痛みが強く、高熱を伴うことがほとんどです。赤く小さな発疹が全身に出たり、舌がいちごのようにブツブツ(イチゴ舌)になったりします。そのほかに、嘔吐、頭痛、頸部リンパ節痛などの症状もありますが、発熱や発疹が出ない場合もあります。

<治療>

 抗生物質が使われます。溶連菌の合併症として、急性腎炎やリウマチ熱があり、症状が治まったからと薬をやめてしまうと、これらの合併症を引き起こすことがありますので決められた薬を飲み切りましょう。

*罹患した際は、医師の意見書の提出をお願いいたします。

 インフルエンザの感染者も出ていますので、高熱が続く際は、早めの受診をお願いいたします。

<ぎょう虫卵検査・便検査を行います>

 今年度より、学校保健安全法の改正でぎょう虫卵検査が必須項目から除外されました。近年、ぎょう虫卵の保有率減少傾向にあり、園内でもここ数年、感染者はみられていません。しかし、集団生活の場で発生した際に、感染に気付かずに通常通りの生活をすることで、集団感染の恐れがあることをふまえ、年に1回実施させていただくことになりました。便検査と併せてこの時期に実施させて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

このページの一番上へ