園長室からこんにちは


2016 年 2 月 6 日 土曜日

✿乳幼児期に大切にしたいこと

 年を重ねてくると、わが子から教わることも多くなります。 

 1月のある日の朝、我が家での息子との会話です。涙袋の話からしわの話になり、私も顔のしわが気になっていましたので、息子の話を興味深く聞いていると、少女漫画のある一コマでの男女の会話の内容でした。男性が女性に『しわくちゃなおばあちゃんになってね。しわはいっぱい泣いていっぱい笑って表情豊かに生きてきた証しだから。』というものでした。「表情豊かな人生、それは、心豊かな人生のことだから、いい言葉だな』と思ったというんですね。私もなるほどと思い、顔のしわにも愛着がわいてきました。

 私事から話を始めてしまいましたが、このことは乳幼児期に大切にしたいことにもつながることだと思いました。

 今年度の4月から始まった新制度のもと、学校の準備のための「教育」が強調されているように感じられますが、私は乳幼児期には人や自然とかかわる経験をたくさんさせてあげたいと思っています。人とかかわることで相手の気持ちを考えられるようになると思いますし、自然に触れて自分の肌で感じ五感で体験するなど、子ども自身が主体的になれる活動を大切にしたいです。保育園では、子どもたちが自由に関わり、直接触れることができる環境を豊かにしていくことが大事だと思っています。

 学ぶ力は、自分ひとりの力では解決できない問題にぶつかったときにもっとも求められます。その時に人は周囲の人と協力、協同しながら、人と助け合ったり、励ましあったり、知恵を出し合ったりすることにより学んでいきます。小学校入学前になると「できる/できない」という結果で評価される機会が増えてくるようになりますが、「結果」を評価するだけでなく、子どもの思いに共感しながら、一緒に楽しむという大人の関わりが、子どもたちの学ぶ力を育てていきます。日々の子どもたちの発見や驚きや、時には抵抗する気持ち、友達への複雑な思いや優しい気持ち等子どもたちの思いや願いを、わかってあげられる大人でいたいと思います。

【2月の行事予定】

*2月3日(水)節分・豆まき

*2月5日(金)お店屋さんごっこ

*2月9日(火)健康体操 ・ 乳児健診

*2月10日(水)布団乾燥

*2月15日(月)サッカー教室(4・5歳児)

*2月16日(火)プーク人形劇観劇(4・5歳児)

*2月17日(水)誕生会(幼児組)

*2月24日(水)乳児健診 ・ 4月期入園内定者健康診断

*2月26日(金)巡回指導

*2月中旬   避難訓練

組別保育参観・保護者会 

  ひよこ組 2月17日(水)

  ひばり組 2月18日(木)

  つばめ組 2月4日(木)

  り す組 2月25日(木)

  うさぎ組 2月23日(火)

  こうま組 2月19日(金)

 

 

 

2016 年 2 月 6 日 土曜日

 2月3日は暦の上では「立春」で春を迎える時期ですが、まだまだ厳しい寒さが続きそうですね。気温が低く空気が乾燥するこの時期は、かぜなどのウイルスが大好きな季節です。丈夫な体作り、環境作りに気を配り、元気にこの時期を乗り切っていきましょう。

>>インフルエンザの流行状況<<

 1月中旬、都内のインフルエンザの流行が見られ、園内でも数名の罹患者がでました。また、ご家族がインフルエンザにかかってしまったケースも聞かれます。

 例年、3月頃まで流行が続きますので、手洗い・咳エチケット等で予防していきましょう。万が一、お子さんがインフルエンザに罹患した際は、一定期間出席停止となります。また、同居されるご家族がインフルエンザに罹患された場合は、感染予防のため、お子さんに1週間程度マスクを装着して頂くよう協力をお願いいたします。(マスクの着用は年齢に応じて無理のない範囲でかまいません)

 やむおえず、罹患された方がお迎えに来られる際は、電子錠の外での引き渡しとなりますのでインターホンでお声かけください。

◇こころもからだもあたたかく

 おふろに入ると、体を温めるほか、鼻やのどの粘膜に適度な湿り気を与えるので、かぜ予防効果も期待できます。

●入る前に…湯船のふたを開けたり、シャワーを出して、浴室内を温めましょう。

●お湯の温度は、少しぬるめ(39~40℃)

●湯冷めを防ぐために…浴室内で髪やからだの水分をふきとってから脱衣所に。

✿一緒に数を数えたり、その日の出来事を話したりすれば、心も温まりそうですね。


  • このページの一番上へ