園長室からこんにちは


保健だより

 今年も残すところあと1か月となりました。これから寒さも厳しくなり、様々な感染症の流行する季節でもありますので、体調管理に気をつけて元気に今年1年を締めくくりたいですね。

>>感染症情報<<

 11月に園内でウイルス性胃腸炎の流行がありました。突然の嘔吐や下痢の症状で欠席するお子さんが多数いましたが現在は落ち着いています。11月後半から幼児クラスで発熱、咳の症状で欠席するお子さんが増えています。熱が下がっても咳の症状が長期続くお子さんが多い印象です。インフルエンザ等の感染症の流行は今のところありませんが、これからの季節はいつ流行がはじまってもおかしくありません!手洗い・うがいをしっかり行っていきましょう。

☆うさぎ・こうま組 手洗い指導☆

 11/26にうさぎ・こうま組(4・5歳児)の手洗い指導を行いました。今年度は保健所から手洗いマシーンを借りました。蛍光剤入りのローションを手につけたあとに手洗いを行い、ブルーライトのついた箱(手洗いマシーン)に手をいれると汚れた場所を確認することができます。

 子どもたちは「ここが汚れている!」と洗い残しのある場所をじっくりと観察していました。その後、歌に合わせて細かい部分まで上手に洗うことができました。今後も継続しておこなっていけるように声をかけていきたいと思います。

◆冬に多く見られる感染症 ~インフルエンザ~

 症状 突然の高熱(40℃前後) ・ 嘔吐 ・激しい咳 ・頭痛 ・のどの痛み ・鼻水 ・関節痛や筋肉痛

 予防のために ・なるべく人込みは避ける。

        ・部屋の湿度は50~60%くらいに。こまめな換気を心がける。

        ・十分な睡眠、休養をとる。

        ・バランスのよい食事、十分な水分補給を!

 *インフルエンザは、発症し5日を過ぎてかつ、熱が下がってから3日を過ぎるまでは、保育園はお休みします。

このページの一番上へ