園長室からこんにちは


保健だより

 晴天が続き、気温が30℃を超える日もありました。今年は夏の訪れが早いような気がしますね。これから梅雨を迎えジメジメした日が続き湿度も上がります。食中毒が発生しやすい時期でもありますので食べ物に十分注意していきましょう。

《とびひに注意!》

 虫刺されの跡や傷に、菌がついて発症することが多いです。「傷がジュクジュクしている」「なかなか傷が治らない」というのがとびひの始まりのサイン。痒みがまして水泡ができたりします。かきこわした手でほかのところをかくと、そこにも広がってしまします。

☆主な症状 

 ・皮膚に小指の爪くらいの水泡ができる。

 ・水ぶくれや、赤くじゅくじゅくした、ただれた状態になる

 ・強いかゆみがある

☆家庭での手当

 ・じゅくじゅくした部分はガーゼで覆う。皮膚かで処方された薬があれば塗ってから、ガーゼで覆う。

 ・おふろでは湯船につからず、シャワーで洗い流して清潔を保つ。

 ・湯上りはこすらずふき取り、薬を塗る

≪虫よけスプレーの紹介≫

 手作り虫除けスプレーの作り方を紹介します。(保育園で使用しています)

 材料:焼きミョウバン17g ハッカ油 ・ 水道水

 ①水道水500mlにミョウバン17gを加え、2~3日溶けるまで待つ。

 ②水道水100mlに①を、ペットボトルキャップ1杯加え、ハッカ油を数滴加えて完成。

このページの一番上へ