園長室からこんにちは


保健だより

 寒い日が続いていますが、子どもたちは毎日元気いっぱいです。都内ではインフルエンザや胃腸炎の流行が続いていますが、今のところ園内での感染拡大はありません。ただし、油断は大敵。引き続き感染予防に努めていきましょう。

◆感染症情報◆

インフルエンザ : 都内では、インフルエンザの流行警報が継続して発令中です。園内でも数人の感染者がでています。また、同居中のご家族や兄弟の感染の報告も数例あります。その際には本人に感染兆候がなくても感染予防のため、園内ではマスクを装着して過ごしていただくようご協力をお願いいたします。(小さいお子さんはできる範囲で構いません)

 インフルエンザに感染した方がやむを得ず送迎を行う場合には、電子錠の入り口で引き渡しとなりますのでお知らせください。

伝染性紅班(りんご病) : 昨年末から、都内で感染者が過去5年平均を超え続けているそうです。園内でも感染者がでています。皮膚の症状が主症状で両頬に境界鮮明な赤い発疹が現れ、つづいて体や手・足に網目状の発疹が広がります。

 妊娠中(特に初期)に感染した場合、胎児の異常や流産が生じることがあるため、妊婦さんには注意が必要です。発疹が現れる時期には感染力がほぼ消失していますが医師の意見書が必要な感染症です。症状が見られる際には受診をお願いいたします。

このページの一番上へ