園長室からこんにちは


保健だより

 今年も、残すところあと1か月。寒さもずいぶん厳しくなりましたが、天気のいい日は散歩や園庭に出てみんな元気に遊んでいます。12月は発表会やクリスマスなど楽しみな行事がたくさん待っています。体調管理に気をつけて、元気に1年を締めくくりたいですね。

>>>感染症情報<<<

 園内では、ウイルス性胃腸炎や嘔吐の症状のあるお子さんが数名出ています。冬場に多く見られる感染性胃腸炎には、ロタウィルスノロウィルスがあげられます。

 ロタウィルス…3歳未満に多く見られ、米のとぎ汁のような白色便が出ることがあり、下痢・嘔吐の症状がひどいと脱水症を起こすこともります。ロタウィルス にはワクチンがあります。

 ノロウィルス…すべての年齢で見られる胃腸炎で、潜伏期間は1~2日で、おう吐と下痢が主な症状です。場合によっては頭痛や腹痛等の症状みられます。

 両者とも感染した場合は医師の意見書の提出が必要です。

 感染症予防のためには、十分な睡眠をとり栄養バランスの良い食事をとること、元気に体をうごかすことが基本です。これらとともに、子どもたちが率先して行える手洗い・うがいをしっかり行えるようサポートしていきましょう。

☆こうま組(5歳児) はみがき指導

 11/4 にこうま組を対象に保健所の歯科衛生士さんに歯磨き指導を実施していただきました。歯科衛生士さんから保護者のみなさまへのお願いとして、

・あめ・ラムネ・キャラメル等は控える

・ジュースは毎日飲まない

・デンタルフロスを1日1回使う

・フッ素入り歯磨き剤を使う

・かかりつけ歯科医に健診に行く。

ことを心がけてくださいとお話がありました。年中・年長さんあkら永久歯が生えてきますが、はえたての永久歯は乳歯よりも弱く、汚れが落ちにくいので、虫歯になりやすいそうです。また、小学校の低学年までは細かい部分まで上手に磨くことができないため、おうちの方の仕上げ磨きをお願いいたします。

このページの一番上へ