園長室からこんにちは


保健だより

 暖かく過ごしやすい季節になりました。しかし、4月中旬は気温差が激しく、咳や鼻水、発熱や下痢の症状がみられるお子さんが多数いました。また、周辺ではインフルエンザの感染の情報もあります。お子さんの体調に配慮しながら楽しい休日をお過ごしください。

~~~保護者総会から~~~

 先月の保護者総会では、鹿田先生より子どもの生活習慣や子どもに多い事故、B型肝炎ワクチンなどについてお話をしていただきました。

 健康のために重要なことは、睡眠と食事!早寝・早起き・朝ごはんは健康の基本となり、栄養を摂るのは朝がいいとのことでした。

 子どもに多い事故では、誤飲について詳しく教えて頂きました。誤飲で一番多いのはタバコ。次にお金、電池と続くそうです。子どもの事故の70~75%は自宅で起きています。直径3.8㎝未満のものは子どもの口に入るので、自宅でも落し物などに十分注意しなければいけませんね!

 B型肝炎については、大人の感染者数が増加傾向にあるそうです。感染し、発病すると大変な病気なので接種を勧めるとのことでした。

 今回、総会に参加できなかった保護者の方も、お子様の健康や予防接種について、鹿田先生に質問等がありましたら、遠慮なく看護師までお声かけください。

>>>ギョウ虫ってなに?<<<

 ギョウ虫は白い糸状の虫。野菜などに付いているギョウ虫の卵が口から入ると、おなかの中で成虫になります。

 メスは寝ている間に肛門から出てきて、周囲に卵を産みます。このときに強いかゆみがあります。卵は下着や布団などに落ちてばらまかれます。

 下着は毎日替える、掃除機をまめにかける、朝起きたら手を洗うなどして予防しましょう。

★こんな症状は、ギョウ虫のしわざかも!

□ おしりをかゆがる

□ 夜泣き

□ 寝つきが悪い

□ いらいらして落ち着きがない

□ 注意力がない

□ 食欲不振

□ 腹痛 など

このページの一番上へ