園長室からこんにちは


こうまぐみだより(5歳児組)

がんばったね!!お泊まり保育

 7月19日(金)、20日(土)にお泊まり保育を行いました。(保育園の園舎に1泊しました)

 進級したときから楽しみにしていた子が多かったこともあり、少し不安な姿もあったものの、数日前からドキドキ、ワクワクの様子が見られた子どもたち。当日は天気にも恵まれ、買い物や花火も予定通り行うことができ、どの活動でも笑顔が多く見られました。

〈料理・流しうどん〉

・うどん作りでは、中力粉と塩水をまぜ、生地から作りました。

 こねて足で踏み、生地が伸びてくると「おもちみた~い!」と言って喜ぶ子どもたち。切る作業では粘りが出て切るのが難しかったものの根気よく行っていました。

・野菜炒めの下ごしらえでは、玉ねぎの皮むきでは「目がしみる・・・」とちょっぴり涙を拭ったり、にんじんの型抜きでは、固くてなかなか抜けなかったりしましたが、苦戦しつつも頑張っていました。

・夕食の流しうどんでは、必死に流れてくるうどんを目で追い、うまく取れると笑顔を見せて喜び、全員が沢山お変わりをして食べていました。

〈オリエンテーリング〉

・6月のある日、ヘンゼルとグレーテルから、“魔女に家を壊されてしまったので、新しい家を作ってほしい”との手紙が届きました。そこで、こうま組では皆で力を合わせ、段ボールを土台にして色が用紙を貼ったり、絵を描いたりし、素敵な家が完成!しかし、なんと、お泊まり保育の前日に魔女にぬすまれてしまいました。相談した結果、お泊まり保育の日の夜に園内を探検しながら家を探そう、という事になりました。当日は魔女からの課題の関門をクリアし、ヒントの紙をもらって並べると家のありかが発覚し、無事みつけることができました!「家の完成後、こうま組の皆が楽しそうに遊ぶ姿を見たので、家はこうま組でつかってほしい」、とのヘンゼルとグレーテルからの手紙とプレゼントが届いており、大喜びの子どもたちでした!皆で協力しあって取り組む姿はとても頼もしかったです。

・翌朝、帰る際には全員が笑顔を見せ、充実感、達成感が感じられました。

このページの一番上へ