園長室からこんにちは


保健だより

 夏本番を迎え、晴れた日はプールや水遊びを楽しんでいる子どもたち。この時期は、海や川など自然の中で遊ぶのにも適した時期ですね。お出かけの際は、事故のないよう、楽しい思い出をたくさん作って下さいね!

〈夏に流行する感染症〉

 今年の夏は、都内を中心に手足口病が大流行しています。園内でも7月に流行がありました。現在、流行は落ち着きましたが、夏場は暑さのために体力を消耗しやすく、体調をくずすことも多くなります。下記のものは夏に流行しやすい感染症です。感染症予防には手洗いが有効ですので、帰宅後や食前の手洗いをしっかりおこないましょう。

手足口病 原因:コクサッキーウィルス、エンテロウィルスなど

 症状:手のひら、足、口の中に小さな水ほうや発疹が出ます。熱は出ることも出ないこともあります。

 注意するポイント:口の中が痛くて食事がしにくい場合には、口当たりのよい食べ物にします。また、まれに髄膜炎などの合併症を起こすことがあるため注意しましょう。

★ヘルパンギーナ 原因:コクサッキーウイルス

 症状:突然39℃前後の高熱が出て、のどが痛み、のどの奥に赤く細かい水ほうが出ます。のどの痛みのため、食事がしにくくなります。熱は2~3日程度で下がります。

★伝染性膿痂症(とびひ) 原因:黄色ブドウ球菌

 症状:虫さされや湿疹などをかきむしったあとに菌が感染して水ほうができます。これが破れると赤くむけたような状態になります。感染力の強い滲出液(じくじくした液体)が周りの皮膚につくと、水ほうが広がります。

 注意するポイント:患部がじくじくしている間はうつりやすいので注意が必要です。患部は薬を塗り、ガーゼなどで覆ってから登園しましょう。家庭内でお風呂は最後にはいるようにし、湯船には入らずシャワーにしましょう。

★咽頭結膜熱(プール熱) 原因:アデノウイルス

 症状:高熱とのどの痛み、目の充血や痛みなどの結膜炎の症状の他に、腹痛や下痢などを伴うことがあります。

 注意するポイント:症状が消えてから2日経過するまで登園は停止です。のどの痛みがあるので、食事はのどの刺激の少ないものにします。十分な水分補給も忘れずに。

★流行性角膜炎(はやり目) 原因:アデノウイルス8,19,37型

 症状:まぶたのはれや異物感、痛み、充血、目やになどのお症状があらわれます。また、発熱や下痢を伴う座会いもあります。

 注意するポイント:感染力が強いため、医師が伝染のおそれがないと認めるまで登園は停止です。登園の目安は結膜炎の症状が完全になくなるまでです。目を触らないこと、手洗いを徹底すること。タオルの共用は避けます。

このページの一番上へ