園長室からこんにちは


2013 年 8 月 2 日 金曜日

がんばったね!!お泊まり保育

 7月19日(金)、20日(土)にお泊まり保育を行いました。(保育園の園舎に1泊しました)

 進級したときから楽しみにしていた子が多かったこともあり、少し不安な姿もあったものの、数日前からドキドキ、ワクワクの様子が見られた子どもたち。当日は天気にも恵まれ、買い物や花火も予定通り行うことができ、どの活動でも笑顔が多く見られました。

〈料理・流しうどん〉

・うどん作りでは、中力粉と塩水をまぜ、生地から作りました。

 こねて足で踏み、生地が伸びてくると「おもちみた~い!」と言って喜ぶ子どもたち。切る作業では粘りが出て切るのが難しかったものの根気よく行っていました。

・野菜炒めの下ごしらえでは、玉ねぎの皮むきでは「目がしみる・・・」とちょっぴり涙を拭ったり、にんじんの型抜きでは、固くてなかなか抜けなかったりしましたが、苦戦しつつも頑張っていました。

・夕食の流しうどんでは、必死に流れてくるうどんを目で追い、うまく取れると笑顔を見せて喜び、全員が沢山お変わりをして食べていました。

〈オリエンテーリング〉

・6月のある日、ヘンゼルとグレーテルから、“魔女に家を壊されてしまったので、新しい家を作ってほしい”との手紙が届きました。そこで、こうま組では皆で力を合わせ、段ボールを土台にして色が用紙を貼ったり、絵を描いたりし、素敵な家が完成!しかし、なんと、お泊まり保育の前日に魔女にぬすまれてしまいました。相談した結果、お泊まり保育の日の夜に園内を探検しながら家を探そう、という事になりました。当日は魔女からの課題の関門をクリアし、ヒントの紙をもらって並べると家のありかが発覚し、無事みつけることができました!「家の完成後、こうま組の皆が楽しそうに遊ぶ姿を見たので、家はこうま組でつかってほしい」、とのヘンゼルとグレーテルからの手紙とプレゼントが届いており、大喜びの子どもたちでした!皆で協力しあって取り組む姿はとても頼もしかったです。

・翌朝、帰る際には全員が笑顔を見せ、充実感、達成感が感じられました。

2013 年 8 月 2 日 金曜日

 梅雨明けが例年より早かった7月は、プール遊びや水遊びをたっぷり楽しんだ子どもたちです。暑い中ですが、水や土や太陽は子どもたちに開放感を味わわせてくれ、とってもいきいきと過ごさせてくれています。厳しい暑さもあと1ヶ月かと思いますが体調には十分気を配り、思う存分、夏の遊びを満喫させてあげたいです。また、登園時の人数によっては、異年齢児と遊ぶ機会が多くなったりします。小さい子が大きい子の遊びの仲間にいれてもらうなど、異年齢児の交流をすることによって、小さい子はあこがれの気持ちをもち、大きい子は優しさや思いやりの気持ちをもつなど、互いに成長し合える場にしていきたいと思います。

◆緊急時引き取り訓練について

 9月1日は「防災の日」です。木の実保育園では緊急時を想定して9月2日(月)にお子さんの引き取り訓練をします。平常のお迎えの時間に、お迎えの方の確認を行いながら引き渡しをします。緊急時引き取り者カードの提示をお願いしますので、緊急時引き取り者カードを携帯しているかどうかのご確認をお願いします。首都直下型地震はいつ起きてもおかしくないとも言われています。カードの携帯は訓練の時だけではなく常に心掛けて頂きたいと思います。また、テストメールの送信も行いますので、ご協力をお願いいたします。

【8月の行事予定】

*8月1日(木) 創立記念日(昭和26年に保育園が開園した記念の日です。)

*8月6日(火) 乳児健診

*8月21日(水)同窓会(小学校1,2年生の卒園生を招いて一緒に遊びます)

          誕生会(乳児組)

*8月27日(火)乳児健診

*8月29日(木)誕生会(幼児組)

*8月30日(金)プール終い

*8月末     避難訓練

*9月2日(月) 防災訓練:引き取り訓練

2013 年 8 月 1 日 木曜日

 夏本番を迎え、晴れた日はプールや水遊びを楽しんでいる子どもたち。この時期は、海や川など自然の中で遊ぶのにも適した時期ですね。お出かけの際は、事故のないよう、楽しい思い出をたくさん作って下さいね!

〈夏に流行する感染症〉

 今年の夏は、都内を中心に手足口病が大流行しています。園内でも7月に流行がありました。現在、流行は落ち着きましたが、夏場は暑さのために体力を消耗しやすく、体調をくずすことも多くなります。下記のものは夏に流行しやすい感染症です。感染症予防には手洗いが有効ですので、帰宅後や食前の手洗いをしっかりおこないましょう。

手足口病 原因:コクサッキーウィルス、エンテロウィルスなど

 症状:手のひら、足、口の中に小さな水ほうや発疹が出ます。熱は出ることも出ないこともあります。

 注意するポイント:口の中が痛くて食事がしにくい場合には、口当たりのよい食べ物にします。また、まれに髄膜炎などの合併症を起こすことがあるため注意しましょう。

★ヘルパンギーナ 原因:コクサッキーウイルス

 症状:突然39℃前後の高熱が出て、のどが痛み、のどの奥に赤く細かい水ほうが出ます。のどの痛みのため、食事がしにくくなります。熱は2~3日程度で下がります。

★伝染性膿痂症(とびひ) 原因:黄色ブドウ球菌

 症状:虫さされや湿疹などをかきむしったあとに菌が感染して水ほうができます。これが破れると赤くむけたような状態になります。感染力の強い滲出液(じくじくした液体)が周りの皮膚につくと、水ほうが広がります。

 注意するポイント:患部がじくじくしている間はうつりやすいので注意が必要です。患部は薬を塗り、ガーゼなどで覆ってから登園しましょう。家庭内でお風呂は最後にはいるようにし、湯船には入らずシャワーにしましょう。

★咽頭結膜熱(プール熱) 原因:アデノウイルス

 症状:高熱とのどの痛み、目の充血や痛みなどの結膜炎の症状の他に、腹痛や下痢などを伴うことがあります。

 注意するポイント:症状が消えてから2日経過するまで登園は停止です。のどの痛みがあるので、食事はのどの刺激の少ないものにします。十分な水分補給も忘れずに。

★流行性角膜炎(はやり目) 原因:アデノウイルス8,19,37型

 症状:まぶたのはれや異物感、痛み、充血、目やになどのお症状があらわれます。また、発熱や下痢を伴う座会いもあります。

 注意するポイント:感染力が強いため、医師が伝染のおそれがないと認めるまで登園は停止です。登園の目安は結膜炎の症状が完全になくなるまでです。目を触らないこと、手洗いを徹底すること。タオルの共用は避けます。


  • このページの一番上へ