園長室からこんにちは


保健だより

 厳しい寒さが続いていますが、日中の日差しは、春を感じさせる暖かさになってきました。今年度も残すところあと1カ月になりました。またひとつお兄さんのお姉さんになる新年度。健やかに子どもたちが成長してくれることを願っています。

~感染症情報~

 2月中旬には園内でのインフルエンザは終息し子どもたちも元気に毎日過ごしていますが、鼻水や咳の症状が見られるお子さんが増えています。

 昨年の夏ごろから風疹の流行が見られていますが、今年に入ってからもこれまでにない規模で流行が継続しています。患者は20代~40代の男性、20代の女性の割合が多く、小さいお子さんを持つ親が感染するケースが多いため、家族内での感染を予防していくことが必要です。風疹は、MRワクチンの接種で感染を予防することができます。1歳を迎えたら1回目を、小学校就学前に2回目を、対象の時期を迎えたら早めに接種しましょう。

♪♪ 3月3日は「耳の日」 耳の聞こえのチェックを ♪♪

 幼児期は、いろいろな言葉を覚えるために、大切な時期です。耳の聞こえは言葉の習得にもかかせません。中程度の難聴が見られる場合には、1歳くらいまでに発見することが大切といわれています。毎日の生活の中で、「おやっ」と思うようなことがあった場合には、耳鼻咽喉科に行きましょう。また、乳幼児健診なども発見につながりますので、きちんと受けましょう。

 チェックをしてみましょう!!

□大きな音に驚く。

□おもちゃの音に反応する。

□名前を呼ばれた時や、周囲の呼びかけに反応する。

□音楽に合わせて体を動かせる。

□声のみの指示に従うことができる。

*チェックが少ない場合や気になるようすが見られた時には耳鼻咽喉科を受診します。

このページの一番上へ